どんだけヨガやっても猫は猫背

XM口座への銀行からの入金や出金方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -

・xmには複数の入出金方法がある

xmは、日本国内でもFXトレーダーから高い認知度のある海外FX業者です。
国内のFX業者とはサービスや機能が異なっており、入金や出金に関しても独自ルールを設けています。
ユーザーがルールを理解せずにxm口座から処理を行った場合に、出金が滞る可能性もあります。
まず、xmには5種類の入出金方法があります。
銀行送金、クレジットカード(またはデビットカード)、bitwallet、STICPAY、BXONEの各方法です。
bitwallet、STICPAY、BXONEはオンラインの送金サービス(電子ウォレット)です。
複数の入出金方法を用意している点が、国内業者との大きな違いです。
この中でxmのユーザーが最も多く活用しているのは、銀行送金による方法です。
銀行送金は最もスムーズで使いやすい方法である点が、多数のユーザーに利用されている理由です。

・xmで銀行送金を利用するメリット

銀行送金の方法を利用するメリットは、xmの独自ルールと深い関係があります。
xmでは、入金と出金に関して同じ額までは、同一方法で行うことが決められています。
つまり、クレジットカードを利用してxm口座へ入金した場合は、その同じ額まではクレジットカードで出金を行います。
例えば、bitwalletで入金した場合は、同じ額をbitwalletで出金する必要があります。
トレードによる利益は、銀行送金を用いての出金になります。
したがって、入金の際に銀行送金を利用すれば、トレードで利益を出しても全額を銀行送金で出金できます。

例えば、10万円し入金、プラス8万円の利益が出た場合 、、、

銀行送金 → 18万円を銀行口座に出金可能!

クレジットカード → 10万円はクレジットカードにより出金、8万円は銀行口座に出金

上記のように、銀行送金以外の方法で入金した場合は、入金額と利益の両方を引き出す場合に、2種類の方法を利用する必要があります。
このややこしさがあるため、 xmのユーザーは、最初から銀行送金の手段を用いてxm口座に入金し、出金の際も同様の方法を使うパターンが多いです。
銀行送金による出金の最低金額は10,000円です。
他の方法による最低出金額は500円であるため、銀行送金の方が出金額の基準は高いです。
但し、銀行送金では利益分も引き出せることから、出金の上限額は無制限です。
出金処理は24時間以内に完了し、実際に自分の銀行口座に着金されるまでの時間は、銀行送金の場合は1~5営業日必要です。

・銀行送金による出金には手数料が必要

銀行送金による出金手数料は無料です。
但しこれは、手数料がかからないということではなく、xm側の送金処理を無料にしているという意味です。
実際には、リフティングチャージの手数料や銀行の受取手数料などが発生します。
国内のFX業者の場合は、出金に関しても無料で行うことができます。
しかしxmでは手数料が必要になるため、トレードによる利益分を引き出す場合でも、手数料分を差し引いた上で把握することが大切です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© どんだけヨガやっても猫は猫背 , 2020 All Rights Reserved.