どんだけヨガやっても猫は猫背

FXで勝つためには平常心が必要

 
この記事を書いている人 - WRITER -

勝負事とメンタル

勝負に勝つためには最も必要なものとはなんでしょうか?
それは「平常心」であり、その場において冷静に現状を分析して、判断する力になります。
勝負ごとにおいて、この平常心がないと勝つのは厳しいです。
例えば、スポーツにおいて非常にやる気がみなぎっている状況を良いと捉える人もいますが、実は理想的な状況ではありません。
冷静とは正反対な状況になりかねないため、気持ちを落ち着かせることが大切なのです。

FXと平常心

FXにおいても実は同じことが言え、この平常心をいかに保つか?を考えないと、勝つことはできないと言えます。
だから、平常心を常に保つことを考えながら、FXに取り組んでいくようにしましょう。
ただ、なぜFXでは特にどんなタイミングで平常心が必要なのか?という疑問があるはずです。
FXでは、基本的に利確や損切のタイミングでメンタルが重要になります。
こういったタイミングで平常心を保てないと、合理的な判断をすることができません。
FXでの最善の行動は損を小さくし、利益を大きくすることです。
この2つの行動をともにとることがFXでは重要なわけですが、実際にそのような行動をとるには冷静な判断力は絶対に必要です。
だからこそ、平常心を保ちながらFXに取り組む必要があると言えます。

平常心と利確、損切り

平常心を保てない状態でFXに取り組むと、利確と損切のタイミングを見誤ってしまいます。
要するに非合理的な部分として、人間の感情の面が優先されてしまうのです。
これに関しては利確が早すぎる、損切が遅すぎるというのが典型的なパターンです。
含み益が生じている状況において、早く確定させたいと考える、含み損が存在しているときに、まだ損切はしないと考えるケースでは、タイミングを見誤りやすいです。
メンタルが十分に鍛えられていて、平常心が完璧な人ならば、常に状況だけを見て判断しますが、平常心が不完全な状態の人は自分の感情が判断材料に入ってきてしまいます。
早く確定させたい、待てば盛り返すかもしれないといった感情はFXではマイナスに働きやすいでしょう。
現実の状況を根拠にするのではなく、自分の気持ちの部分を根拠に行動してしまうと、失敗する可能性が高いです。

平常心は経験により身につく

FXでは状況を冷静に分析して、その状況だけを頼りに判断する力が必要です。
そこに自分の感情の面、気持ちの面が入ってくると、合理的な判断ができなくなります。
平常心が必要な理由はそこになりますが、この平常心は経験によって身に付くものでもあります。
だから、何度も取引を経験していけば、徐々に冷静でいることがしやすくなるはずです。
平常心は最終的には身に付けることは必要ですが、いきなり身に付けようと焦らなくても良いでしょう。
慣れによって習得していく感覚で良いのではないでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© どんだけヨガやっても猫は猫背 , 2020 All Rights Reserved.